葬式に行くときに気をつけるべき服装や持ち物

永久のお別れの場こそ完全マスターで!恥をかかない喪服の知識と葬儀参列者のマナー

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

失礼のないお別れを!葬儀参列者の装いと持ち物を完全解説

お葬式に参列する際の装い、喪服は単に「黒ければいい」わけではありません。 弔意を示す上において、喪服は極力華美でなく、肌の露出が少ないことがとても重要です。 永久のお別れの場において、故人のみならず、遺族に対しても失礼のない喪服の知識について、基本をしっかりマスターしましょう。 続きを読む

お葬式での装い!装飾は少なく露出も少なくするのが基本

葬儀とは本来、遺された人たちが喪に服す機会を設けることによって、心を整理するための場であり儀式だといえます。
葬儀参列者に唯一できるのは、遺族の悲しみを慮りつつ行動することです。
葬儀に参列する際には、故人と遺族に失礼のないよう配慮し、いいお別れができるよう心したいものです。
基本的な葬儀や喪服のマナーというものは当然存在しますが、インターネットが発達した現在は、葬儀の知識も検索エンジンでかなりの予備知識が賄えるようになりました。
参列者も遺族の目線で考え、判断するよう心がければ、自ずと葬儀で相応しい服装や持ち物など、常識の範疇で考えられることでしょう。

お祝いの席と異なり、葬儀は文字通り「永久の別れ」の場所です。
事情次第では、このサイトにあるような喪服などが準備できなくても構いません。
可能な限りお悔やみに駆け付け、故人の冥福を祈り、遺族に一礼しましょう。

基本的な部分ですが、訃報を受けたらまずは落ち着いて、亡くなった人の氏名、享年、宗教宗派、葬儀会場をしっかり確認しましょう。
一例として、不祝儀袋の表書きも故人の宗派によって各々変わってきます。
故人と葬儀の基本情報がはっきり確認できていないために、実際に葬儀に参列する上でいろいろ困る場面は往々にして起こり得ます。

葬儀にまつわる風習は宗派のみならず、地方によってもばらつきが大きいものです。
葬儀に参列する上で不明な点は、親や祖父母等の年長者、嫁ぎ先の親族に聞くなどして、可能な限り事前に解決させておくように心がけましょう。
なお、最近増えてきた家族葬や直葬、生前葬といった新しいタイプのお葬式に臨む場合には、むしろ葬儀社に確認をとったほうが安心な部分も多いといわれています。
その上で、自身がもし遺族だったらどう感じるのかという点に注視しつつ、故人を偲びつつ判断すれば葬儀に参列する際での失敗はかなり防げるでしょう。

備えあれば憂いなし!お悔やみの場こそ必要なモノを完璧に!

お葬式に必要な持ち物の代表、香典は宗派によって表書きが異なり、迷う場面も多々あります。 故人の信仰がよくわからない場合の対処を含めた香典の基本と、不祝儀袋や袱紗、数珠の知識をご一緒にマスターしましょう。 葬儀に参列する際のバッグや靴、アクセサリーについても考えてみましょう。

続きを読む

参列者に必要なマナーとは遺族より「出過ぎない」配慮

葬儀とは遺族が悲嘆する場を意図的に設け、一日も早く日常を取り戻すためのセレモニーです。 遺族が「正しく」悲しみ、気持ちを整理する機会をきちんと得るために、参列者としてできる配慮とはいったい何でしょうか。 参列者が遺族のためにでき得る配慮の一つとして、葬儀における服装や持ち物について再検証してみました。

続きを読む