葬式に行くときに気をつけるべき服装や持ち物

失礼のないお別れを!葬儀参列者の装いと持ち物を完全解説

参列者に必要な喪服の知識と注意すべき点

弔意を示す喪服は「黒い」だけではなく、余計な装飾がなく、肌の露出が極めて少ない点も大切なポイントです。
女性の喪服はパンツスタイルより、黒いストッキングを合わせたワンピースなどの装いが格上とされます。
若い女性であってもレースなどの素材は失礼に当たります。
素材はウールなどテカりが少なく透けない生地を選びましょう。
立ち座りが多く、焼香では膝で摺って移動する「膝退」という所作が求められる場面もある葬儀の場では、喪服のスカートはミディ丈程度の長さがあると安心です。
夏場でもお悔やみの場での半袖はタブーです。
職場から葬儀に駆け付けるなどやむを得ない事情においては、地味なジャケットを羽織る等配慮しましょう。
男性の喪服も女性に準じますが、一般的なブラックスーツの準礼服の他、お葬式の形も多様化した昨今、地味なダークスーツに白いワイシャツに黒のネクタイを合わせた装いでも、失礼に当たらない傾向が見受けられます。

和喪服は遺族の正装!参列者が着る場合には

黒喪服(和服)は親や配偶者など極めて近しい人を亡くした遺族の正装です。
参列者の立場で黒い和服を着用すると「故人の死に備えていた」と見做されて失礼に当たります。
近親者以外が葬儀で和服を着用する場合、色喪服と呼ばれる準礼装に留めます。
色喪服は背(後ろ襟)の部分に一つ紋(実家の家紋)が入った寒色の色無地を着用、小物は季節を問わず黒の名古屋帯を小さめのお太鼓に結び、帯締めや帯揚げ、草履を黒で統一します。
長襦袢には白の半襟を縫い付け、白い足袋を履きます。
夏季の呂など透ける素材の単衣の色無地には、帯揚げも墨黒ながら透ける素材の夏用、帯締めも透かし編み仕立てになっているタイプを合わせます。
男性は背・両袖・両胸に家紋の入った「黒羽二重染め抜き五つ紋付」の長着に羽織、高級絹織物の仙台平などの袴を着け、畳表付きの草履を履きます。
男性の紋付袴はモーニングコートに相当し、女性同様近親者しか着られない正喪服です。


この記事をシェアする